ED治療|香里園の泌尿器科なら土井クリニック 寝屋川市 枚方市|勃起不全 勃起障害

京阪電鉄香里園駅より徒歩5分
072-832-1290

ED治療(保険外診療)

EDとは

EDは「Erectile Dysfunction」の略称であり、日本語では勃起不全または勃起障害のことを意味します。この障害や不全というのは完全に勃起することができない状態だけを指しているのではなく、「勃起に時間がかかる」「途中で萎えてしまう」「満足のいく性行為ができない」と感じている方もEDの可能性があります。心当たりのある方は、遠慮なさらずお気軽にご相談ください。

以下のようなED症状はご相談ください

  • 短時間、もしくは途中で萎えてしまう
  • 満足のいく性行為ができない
  • 勃起時の硬さがやわらかくなった
  • 一度萎えてしまうと、再度の勃起が難しい
  • 勃起に時間がかかる
  • 全く勃起しない など

検査をしっかり行った後に処方します

当院では、来院者の方の訴えや症状などからEDが疑われる場合は、十分な問診をはじめ、尿検査、心電図検査を行い、ED治療薬を服用するにあたっての注意事項をご説明したうえで、ED治療薬を処方いたします。なお、ED治療は自由診療(全額自己負担)ですので保険証は原則不要ですが、尿検査を行った際に他の病気が見つかるケースも少なからず見受けられます。その場合、治療を必要とする可能性が高いので保険証をご持参いただいた方が望ましいです。

また、現在服用中のお薬があるのであれば、診察を受ける際に速やかにお話しください。ED治療薬には併用してはいけない薬というのがいくつかあります。それを内服中の場合や合併症によっては処方することはできません。そのため、万全を期すためにもお薬手帳など投薬内容が分かるものをご持参して下さい。ご協力のほどよろしくお願いします。

治療薬について

当院で処方するED治療薬は以下の通りです。なおED治療薬は、一時的に勃起を維持するものなので、根本的に改善をするというものではありません。また、薬の種類に限らず、ED治療薬には全般的な副作用として、時に顔のほてりや目の充血・鼻づまりを生じることがあります。

バイアグラ

ED治療薬として世界で初めて認可されたのがバイアグラです。錠剤タイプで、青いひし形の形状が特徴です。1998年に米国ファイザー社から発売され、その翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬として日本で認可されました。有効成分はシルデナフィルという物質で、この成分の含有量の違いから25mg錠と50mg錠の二種類があります。食事やアルコールの影響を受けやすいので、空腹時に服用するようにします。服用後、1時間ほどで効果が現れはじめ、5時間ほど作用すると言われています。現在は錠剤だけでなく水なしで服用できるオブラートのような「フィルム薬」もあります。

レビトラ

ドイツのバイエル社から2003年に発売され、日本では2004年に認可されました。種類としては、5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類があります。錠剤の形状は、オレンジ色をした丸形です。食事の影響をバイアグラと比べると受けにくいという利点があります。即効性が高いのも特徴で、服用後30分ほどで効果を実感できるようになり、持続効果は6~8時間ほどです。レビトラは、併用禁忌薬が多いので処方の際は現在服用しているお薬をしっかり確認する必要があります。

シアリス

米国のイーライリリー社が開発したED治療薬で、2003年に米国で販売、日本では2007年に厚生労働省により認可を受けて製造・販売されています。5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類があります。錠剤の形状は、黄色い涙滴型です。投与後36時間まで有効性が認められ、一度体内に吸収させてしまえば食事の影響を受ける心配もありません。バイアグラやレビトラよりも自然な形で効いてきます。
なお当院では、シアリスは長時間作用するため他剤で副作用が無かった方にのみ処方する方針ですので初診では処方しておりません。2回目以降で医師が使用可能と判断した場合のみ処方しています。

バイアグラジェネリック

バイアグラと同じ「シルデナフィル」を有効成分とした後発のED治療薬です。有効成分の含有量はバイアグラと同じなので、効果もほぼ同程度と思われます。当院ではバイアグラジェネリック薬としては、シルデナフィル錠VI(50㎎錠)を処方します。

費用について

自由診療になるので全額自己負担となり保険診療ではないため消費税10%がかかります。
(以下の費用は全て税込み表示です。)
診察料は初診時4,950円(検査料含む)・再診時2,200円で、これにお薬代が合算されます。

主なED治療薬の費用は以下の通りです。

  • バイアグラ(50mg錠) 1,360円/1錠
  • バイアグラODフィルム(50mg) 880円/1枚
  • シルデナフィル錠VI(50mg錠)※バイアグラジェネリック医薬品 880円/1錠
  • レビトラ(10mg錠) 1,360円/1錠
  • レビトラ(20mg錠) 1,880円/1錠
  • シアリス(10mg錠)※処方は2回目以降 1,480円/1錠
  • シアリス(20mg錠)※処方は2回目以降 1,880円/1錠

初診の場合でシルデナフィル錠50mgVIの4錠処方を希望された場合、
初診料4,950円+薬剤料880円×4=8,470円となります。
*初診時のみ薬剤の有効性を確認するため最大4錠までの処方となります。 2回目以降は最大20錠まで処方可能です。
(薬剤の種類・組み合わせは自由ですが総量として1回の受診で最大20錠まで可能です。)
再診の場合でシルデナフィル錠50mgVIの20錠処方を希望された場合
再診料2,200円+薬剤料880円×20=19,800円となります。

【お詫び】
2019年現在、発売元のバイエル社の都合でレビトラ錠の日本国内供給が止まっており処方も出来ません。薬そのものの問題ではなくドイツ本社の問題のようです。

診療案内

Doctor's Fileで掲載されました

© 土井クリニック

ページ
TOPへ